びわ湖大花火大会2013

【今日の一枚】
画像
       びわ湖大花火大会2013 二尺玉

8月8日(木) 晴れのち夕立のち花火の煙
 8月8日は琵琶湖花火の日だ。毎年曜日に関係なく8月8日と決まっている。風向きを天気予報で調べると南西の風との予報。風向きからすれば、なぎさ公園がベストポジションになるだろう。ただ、何故か比叡山ドライブウエイの夢見ケ丘駐車場に行くことにした。この場所は3年連続になる。
 どうも小生の好みで、夜景を絡めるのが良いようだ。もちろんこの場所からの琵琶湖花火は数々の傑作が出ていることもある。
 去年は昼過ぎに到着して場所がほとんどなかったので、今年は昼前に着くようにした。到着して見ると、既に三脚の列がズラーっと端から端まで並んでいる。困った、もう場所が無い、、、でも去年の場所ならと思って行って見ると、「銀塩一途さんですか?」と声を掛けられた。去年同じ場所で、そして神戸の花火で一緒になった方だった。去年よりお仲間さんが多い。お元気そうでなによりだ。暫し写真や動画を見たりで歓談する。
 問題の場所取りは、ここも空いていなかった。やむをえず足場の悪いところにセッティングせざるを得なかった。その方によるとゲートオープンからの場所取りという。ついにここも人気スポットになってしまった。思い起こせば15年前、花火の打ち上げ30分前に到着して急いでセッティングしても花火は撮れた。
画像
       15年前の琵琶湖花火(夢見ケ丘駐車場より)
 ※今年の夢見ケ丘駐車場は2時過ぎには満車になりました。撮影ならゲートオープン、見るなら午後2時までをお勧めします。

 セッティングも終わり、サンシェードの中で休んでいると、また声を掛けられた。TERUさんだ。夜景壁紙のサイトで数々の実績を残されている。TERUさんとは去年諏訪の花火で一緒になった。ここで会うとは思いもよらず、ただただびっくり。TERUさんもゲートオープンでの場所取りという。暫し花火大会の情報交換というより教えてもらう方が多いのだけれど、、、やはり東の花火大会はすごいらしい。
 暫くして夕立、結構激しい。実はサンシェードは雨除けにもなる(コツが要るけど)。花火大会に年10回以上出かけると何回かは夕立に合う。軽くてコンパクトで結構重宝している。
 ただ、これが慢心だった。ビデオのリモコンを三脚に付けっ放しで雨に打たれたので、撮影時には作動しなかった。

 やがて雨はあがり、そして日没。19:30花火の打ち上げ、、、ゲッ、煙が逃げない。去年以上にヒドい。

【びわ湖大花火大会2013】
 
画像

画像

画像

画像

画像

画像

 2年ぶりの二尺玉。関西ではあまりお目にかかれない。
画像

画像

 びわ湖名物「水上花火」。でも煙で見えない。
画像

画像

 びわ湖花火フィナーレ。真ん中の大きな花火は二尺玉だ。

いつものように動画も撮りました。例によってチューブバージョンです。
       

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • びわ湖花火にお助けアプリ 会場周辺や撮影ガイド

    Excerpt: 8日に大津市で開かれる「びわ湖大花火大会」にあわせ、より便利に楽しむためのスマートフォン向けアプリが続々誕生している。会場周辺のトイレやごみ箱の位置が分かるものや、花火撮影を手助けしてくれるものなど、.. Weblog: ローカルニュースの旅 racked: 2014-08-06 23:39