銀塩一途のカメラ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 備中松山城の雲海と紅葉

<<   作成日時 : 2016/11/14 14:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【今日の一枚】
画像

 備中松山城の雲海

11月12日 晴れ
 今年も紅葉の季節になった。
 去年までと違うのは、撮影対象が関西から山陰エリアになった。
 山陰はこれからの時期は天候があまり良くない。ただ山陽エリアは反して良天に恵まれる。
天気予報と紅葉情報を確認して、備中松山城を撮りに出かけた。
 夜半に自宅を出発、午前3時に展望台へ到着。既に10台程車が停まっている。展望台へ行ってみると見事な雲海。それに合わせるかのようにデッキにはズラーッと三脚が並んでいた。撮影スポット恒例の三脚による場所取りだ。急いで空いていたスペースへ三脚を立てて撮影場所を確保して仮眠する。
  ※休日にここのべスポジを確保しようとするなら、徹夜での場所取りが相場だろう。

 6時起床。車もたくさん、人もたくさん。急いで機材をもって撮影開始。
 前月は工事中であった第2テラスも完成して、撮影場所は3倍位の広さになった。第1、第2合わせて三脚なら15本はいけるかな、、、でも今日はテラスの下や横も含めて三脚の数で40本は立っていたと思う。
 ただ、この木造のテラス、撮影にはあまり向かないと思う。人が歩くとその振動が伝わってくる。撮影対象は遥か彼方の雲海に浮かぶ備中松山城天守閣、その距離凡そ1100m、使うは超望遠レンズが相場だ。まあ、ブレるのが相場としたものか。かくいう小生の「今日の1枚」も20枚程度の中でブレが一番少ないものを選んだ。安定した写真を撮るのであれば、テラス下か横の「大地」を選択した方がいい。でも、下や横の「大地」は手前の木(下の写真参照)がフレームに入りやすくなる。

 うんちくはどうでもいいんだけれど、今日は素晴らしい雲海が発生した。
画像
                 雲海
 今日発生した雲海は、高梁市の上空を覆い、その町明りを通さぬほど厚く、標的の備中松山城天守閣をも呑み込み、わずかに近隣の名峰の頂を残すのみであった。
 この雲海は天守閣抜きでも素晴らしいと思うのは私だけだろうか、、、雲海もいくつかを見てきたけれど、地平線まで広がる雲海は北アルプスの本当の雲上でしか見たことがない。常連の話ではここの雲海は、別段の条件ではないらしい。であれば、雲海そのものの撮影スポットとしても取り上げていいと思う。
 今日の雲海が薄くなって天守閣が見えるようになったのは、午前9時を回っていた。
画像

 雲海に浮かぶ備中松山城
画像

 備中松山城は紅葉のピークだった。
 ここを撮ったら、お城に行かなければ、、、、

 雲海を撮り終え、城見橋公園駐車場に車を停め、シャトルバスでふいご峠まで行き、そこからは徒歩。二の丸広場に到着したのは正午になっていた。二の丸広場で昼食を撮って撮影開始。

画像

 大手門石垣の紅葉
画像

 三の平櫓東土塀の紅葉
画像

 三の丸の紅葉
画像

 御膳棚下の紅葉
画像

 二の丸から
画像

 本丸東御門下から
画像

 本丸から
画像

 本丸から

 備中松山城は紅葉のスポットとしても、かなりなものだと思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
備中松山城の雲海と紅葉 銀塩一途のカメラ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる