銀塩一途のカメラ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 新緑の滝・・・赤目四十八滝

<<   作成日時 : 2011/05/16 00:15   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

【今日の一枚】
画像
       <新緑の荷担滝(にないだき)>

5月15日 晴れ
 先週はずっと雨続きで、金曜になって漸くあがった。今の時季は新緑が美しいけれど、雨上がりの日なら新緑と滝を合わせるべきであろう。滝と新緑は相性がいいし、雨上がりなので水量も多い。
 候補としては、三重紀宝町の布引滝水系、三重赤目四十八滝、兵庫原不動滝、兵庫猿尾滝といったところか、、、
一つの滝を撮っても面白くないので、それに日帰りなので、赤目四十八滝に行くことにした。
 車で京都から凡そ2時間。10時に到着した。
 赤目四十八滝には色んな滝があるけれど、主な滝は不動滝千手滝布曳滝荷担滝(にないだき)琵琶滝岩窟滝の6瀑。距離にして凡そ4km。
 写真を撮りながら進んでいくと、時間が足りなくなって途中で引き返さざるをえなくなったり、省略せざるをえないことがある。だから取り敢えず一番奥の岩窟滝まで、1枚も撮らずに行くことにした。尤も赤目四十八滝の滝川は、東から西に流れているので、午後からの光が良い。

 余談になるけれど、本日の機材はペンタ67U、45mm、55-100mm、90-180mm、300mmとニコン90D、12-24mm、18-105mm、28-70mm、70-180mm、ジッツオカーボン3型とその他アクセサリーおよびお弁当と1Lのお茶だ。この機材を担いで赤目四十八滝4kmの往復ができるのなら登山以外はこなせる事になる。

 12時岩窟滝に到着。昼食を取って撮影開始だ。
画像
       <岩窟滝>
 水量が多いのでまずまずの滝になっている。雨が降らないと冴えない姿になる。滝の上の新緑もなかなかのものだ。
画像

 マウンテンゴリラの岩。確かになんかの顔に見える。ただこの岩は地震か何かで崩れ落ちそうだ。らしき割れ目も入っている。
画像
       <琵琶滝>
 赤目四十八滝の中で、この琵琶滝が新緑とあわせるのに一番いいと思う。青モミジと合わせることが出来る。ただ、滝が風を起こしているのか木の枝の揺れはなかなか止まってくれない。
画像

 琵琶滝の青モミジ
画像

 琴滝
画像

 雛壇滝
画像
       <荷担滝>
 下のスタンプ台付近から。この滝が赤目四十八滝の顔とも言える。真ん中の岩が渓流の流れを二つに分け、その流れがあたかもその岩を担いでいるような姿だ。
画像
       <荷担滝>
 上の石道標付近から。私は下のスタンプ台から狙う方が好きだ。
画像

 水鏡の新緑
画像

 斜滝
画像

 骸骨滝
画像

 渓谷の新緑。この木は暫くすると白い花を付けたと思う。
画像

 雨降滝。冬のツララはよく載っているけれど、歩道に直接降り注ぐのはちょっと迷惑だ。
画像

 柿窪滝
画像

 姉妹滝
画像

 百畳岩の売店。ここがちょうど中間地点。因みに売店は休日しか営業していないという。
画像

 陰陽滝
画像

 縋藤滝(すがりふじだき)、、、ただの谷に見えるのは自分だけだろうか。
画像

 竜ヶ壺
画像
       <布曳滝>
 赤目四十八滝の中での最大落差の滝。落差凡そ30m。
画像
       <千手滝>
 厳冬期には凍るというけれど、ここ数年は凍ったという情報を得ていない。ここもいい新緑だ。
画像

 乙女滝
画像
       <不動滝>
画像

 霊蛇滝
画像

 シャガ。駐車場から滝口(日本オオサンショウウオセンター)まで、随所に見ることができる。かなりの規模だと思う。
 駐車場に着いたときは18時近くになっていた。流石に疲れた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
新緑の赤目四十八滝
【今日の一枚】        赤目四十八滝「荷担滝」 ...続きを見る
銀塩一途のカメラ日記
2015/06/06 09:56

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新緑の滝・・・赤目四十八滝 銀塩一途のカメラ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる